ブラックホール・プリンセス(タイトルロゴ)

文章の量 増やす 減らす
ルビ(ふりがな) あり なし
 
 

第3話:マスコットキャラは勇者が兼任

  

  ――猫はいいよなぁ。居るだけで可愛がられるし、一日中ゴロゴロ寝てればいいんだから。
 ……昔の俺は、朝から平和に日向ぼっこなどしているご近所のニャンコたちを眺めながら、そんな風に思っていた。しかし、今は違う。
 あのネコたちにだって、きっといろんな苦労があるはずだ。端から見ているだけでは決して分からない、当事者にならなければ知ることのできない苦労というヤツが……。
 これは、そのままフツーに“ただの人間”をやっていれば知るはずもなかったそんな当事者(・・・)としての苦労を、ナゼか強制的に知る羽目になってしまった俺の、リアル中二時代のエピソードである……。

☆☆☆

 それは俺が生まれて初めて異世界に召喚され、超絶美麗眉毛の美姫・フローラと出逢い、思いがけないハプニングで地球に帰還した、その夜のことだった。
 制服を埃で汚した上、脇の下を破いてしまい、お袋に軽くキレられた俺は、罰として食後に大量の皿洗いをさせられ、その後、風呂に入ってやっと人心地ついたところだった。
(あ〜ぁ……せっかく夢の異世界召喚を初体験できたってのに、一日も経たないでこっちに戻って来るなんてアリかよ……。もったいな……)
 この時点では、まだ再び召喚されるかどうかなどサッパリ分からず、俺は『もしかしたらもう二度とあの世界に行けないんじゃ……』と、かなりセンチメンタルかつメランコリックな気分に沈んでいた。
(フローラ……。すっっっごい理想的な形の眉毛だったよな……。あんな美形状、もう二度と見られないんだろうんなー……。せめて動画……いや、静止画でもいいから保存できていれば……)
 もう今さらどうにもならないことばかり頭の中でぐるぐると考えながら、俺はシャワーの蛇口をひねる。いつものように熱い湯を頭から浴びようとして……俺はすぐに異変に気づいた。
 普通なら雨のようにシャワーヘッドから真っ直ぐ落ちてくるはずの湯が、途中でぐにゃりと横向きに曲がり、俺の後方へと流れていく。思わず水滴の行方を追うように後ろを振り返り、俺はそこに普通ならあり得ない――だが俺にとってはあまりにも見覚えのある例のアレ(・・・・)を見つけた。
 シャワーから溢れる湯さえも巻き込み、空間を渦巻き状に歪ませて現れた、一本の華奢な腕。相変わらずホラーなビジュアルだが、一点のシミもなく、なめらかに白いその手は、間違いなく異世界の美姫・フローラのものだった。
(えぇぇー……。昨日の今日どころか、今日昼の今夜でもう再召喚かよ。早くね?いや、嬉しいけど)
 予想外の再会(?)、しかも自宅の風呂場にフローラの手というシュール過ぎる光景に、俺の思考はプール後の授業の半居眠り状態くらいのボンヤリさにまで低下していた。だから、一番重大な事実に気づくのに遅れた。
(いや、よく考えたらそれどころじゃない!今、俺、完っ全に真っ裸だぞ……!今はマズい!つーか、何でよりによってこのタイミングなんだよ!?)
「あ、あのさーフローラ……。気持ちは嬉しいし、俺もそっちに行きたいのは山々なんだけどさ……。もうちっとばかし待ってくんね?」
 ダメ元で“手だけフローラ”に話しかけてみる。だが、その手は引っ込むどころか俺を手探りで探そうとするようにワサワサと蠢きだす。
(あぁ〜っ……やっぱ声は届かないのか……)
 絶望的な気持ちに襲われつつも、俺はとにかく手だけフローラに捕まらないよう匍匐前進のポーズをとる。
 このまま全裸で異世界召喚などということにでもなれば、せっかく芽生えそうな恋も大炎上して燃え尽きかねない。どころか、王女に無礼を働いた罪か何かで牢にぶち込まれたり、下手すると何らかの刑に処されたりもしかねない。
(とにかく今は一着でも多くの服を……っ、ってか、せめて下だけでも……っ!)
 こうして勇(気ある)者を捕まえようとする王女(の手)と、異世界召喚から必死に逃れようとする俺、という、よく分からない構図が生まれたわけだが……
 空間をねじ曲げられた風呂場の床は絶妙に歪みナナメっていて、真っ直ぐ脱衣所へ向かいたくても思うように身体が進まない。気づけば俺は知らず知らずのうちに自ら歪みの中心――フローラの手へと近づいてしまっていた。
「……ひッ!?」
 フローラの指先が俺の濡れた腕に触れた……と思ったら、次の瞬間には手首を鷲掴まれ、か弱い姫の力とは到底思えぬ凄まじい力でナゾの異空間にひきずり込まれていた。
「ま、待……っ!今はマズいから!お互い気マズくなるだけだから!」
 いくら叫んだところで召喚は止まらない。相変わらずの阿鼻叫喚の後、向こうの世界へと引きずり出される……
「……ぅ……にゃ……っくしょいっ!」
 その瞬間、真っ裸で異世界到着……という羞恥心よりも、濡れた身体が外気に触れたことによる生理現象の方が先に来た。
 何だかいつもと違うヘンなクシャミだな……と思いながら目を開けると、そこには例の超絶美麗眉毛……じゃなくて、異世界の美姫・フローラの姿が……。
(お、終わった……。俺の異世界ライフ、こんなことで終了なのか……)
 俺は破滅フラグ成立のお知らせを聞いてしまったような気分で打ちひしがれる。
 だが、フローラは顔を赤らめることも嫌悪に顔を歪めることもなく、予想外の言葉を口にしてきた。
「まぁ!ニャンコさん……ですの?私、確かにアーデルハイド様を召喚したと思いましたのに……。不思議なこともあるものですわ……」
(……は!?ニャンコ……!?)
 そこで俺はようやく気づく。いつもと視点の高さや身体の感覚が違うことに……。
 ぎょっとして見下ろすと、俺の全身はいつの間にか、ひどく見覚えのあるモフモフの毛に覆われていた。腹の辺りは白、脇っ腹から脚にかけては濃淡の違うオレンジがかった茶色の毛がしましまの模様を描いている。
(こ、これはまさか……)
 おそるおそる目線を上げると、そこにはフローラの華奢な手のひらより、さらに小さくほっそりとした、紛れもない猫の手(・・・)があった。
「ニャン……だとおぉーっ!?」
 わけも分からずいきなり猫の姿にされれば、普通誰でもパニックにもなると思う。俺も当然のことながらパニックで頭の中身がホワイト・アウトし、気づけばフローラの手を振りほどいて逃げ出していた。
「まぁっ!待ってくださいな!異世界のニャンコさんが無闇に動き回っては、何があるか分かりませんわ!危険ですわ!」
 フローラの声が背後から聞こえていたが、トイレ・ハイの猫状態で衝動のままに駆け抜ける俺の耳には入らない。
 ただでさえ異世界の重力の違いで身体が軽くなっている上、時速48kmにも達すると言われる猫の脚力が加わった俺は、弾丸のようなスピードであっと言う間に界聖宮の敷地の端の辺りまで到達していた。そしてそこで、ある人物と出合い頭にぶつかってしまったのだった。
「きゃあぁぁ〜っ!痛いのですぅぅ……」
「い、いってぇ……」
「……あらあらぁ?ヒトの言葉を話す猫さんなんて、あり得ないのですぅ……。あなたぁ、ひょとしてぇ……異世界勇者のアーデルハイド・コータロー・タカハシさん、ですかぁ……?」
 のんびりした口調ながら、なぜかいきなり俺の正体を見抜いてきたその人物は、俺にとって見覚えのあり過ぎる……しかもあまり良くない印象の残っている相手だった。
「そういうお前は……赤ずきん姫……じゃなくて、リィサ・何とか……!」
「リィサ・ロッテ・リーストですぅ。“お前”だなんて失礼しちゃいますぅ。ウチの国の人が聞いていたらぁ、不敬罪で牢送りになるところですよぉ」
 相変わらず、幼い見た目と、のほほんとした口調にそぐわず、言っている内容がえげつない。
(この女……実は絶対に腹黒だろ……)
 まだ直感でしかなかったが、この時点で俺はリィサの本質を的確に見抜いていた。
「それにしてもぉ……やっぱり人外の姿に変身してしまったのですねぇ……。きっかけは何でしたぁ……?クシャミとかアクビとかしましたかぁ?」
「『やっぱり』って何だ!?『やっぱり』って!あんた、俺がこんななった理由が分かるのか!?」
 不敬罪という言葉にビビり、一応『お前』を『あんた』に改めながら、俺は問う。
「はいぃ……。まぁ、推測ではありますがぁ……。先日私がぁ、命聖玉を用いてぇ、あなたの言葉が通じるようにした際ぃ、ちょっとイレギュラーな事態が発生してしまったようでぇ……」
 リィサは悪びれた様子もすまなさそうな表情も一切見せず言葉を続ける。
「私もぉ……後であなたの生体情報を確認していた時にぃ、やっと気づいたのですがぁ……異世界人に命聖玉を使用したせいなのかぁ……あなたの遺伝情報や体組織はぁ、今とっても不安定な状態にあってぇ……ふとしたきっかけで変質したり組み変わったりしてしまうようなのですぅ……」
「は!?何だソレ!?そんなのあり得んのかよ!?ってか、何でそれで猫になるんだ!?」
「人体にはぁ、現代でもまだ解明されていない神秘がぁ、いろいろあるものですぅ。たとえばヒトとチンパンジーのDNAにはぁ、たった1.6%の違いしか無いのですぅ。グダグダになったぁ、あなたのDNAや体組織が何割かでも変化すればぁ、人間以外の何かになってしまったとしてもぉ不思議はないのですぅ。猫さんになったのはぁ……………………なぜでしょうねぇぇ?私の趣味が影響したとかぁ、ですかねぇ?」
「いや、何言ってんのかさっぱ意味不明なんだが、つまり原因はあんたってことだな!?」
「私のせいじゃないですぅ。私はただ頼まれてぇ、親切心からあなたの言葉が通じるようにしてあげただけですのにぃ……。ヒドいですぅ」
 わざとらしい泣き真似にイラッとしたが、ここで責めてまた不敬罪など持ち出されてはたまったものではない。
「……で、あんたなら俺を元に戻すことができんのか?」
「えっとぉ……」
 リィサは服の中からゴソゴソと例の鍵の形のペンダントを取り出し、俺の頭上にかざして、しばらく無言になった。
「……どうやら、クシャミをすれば元に戻るようですぅ。と言うか、クシャミをするたびに猫さんの姿と人間の姿と入れ替
わるようですぅ。面白い体質になりましたねぇぇ……」
「いや、面白がんなよ!?あんたのせい……あ、いや。そんなんじゃ、おちおちクシャミもできねーじゃんかよ!あんたの力でこうなったなら、あんたの力で元に戻せないのか!?」
 俺の問いに、リィサはしばらくポヤーッとした顔で何かを考えていたが、やがてのんびりとこう言った。
「異世界人にぃ聖玉の力がどう作用するのかぁちゃんと解明できていませんのにぃ、さらなる聖玉使用はぁ、オススメできないのですぅ。まぁ、やってみてもぉ、良いですけどぉ……今度は猫さんどころかぁ、既存の生物の何れともぉ似ても似つかないぃ、キメラ的なナニかになってしまうかもぉ知れませんけどぉ……よろしいんですねぇぇ?」
「いやいやいや!エグいわっ!そんな二択だったら猫の方がマシに決まってるだろ!?」
「いいえぇ、何もぉ失敗すると決まったわけではぁありませんしぃ、もしキメラ的なナニかになってしまったとしてもぉ、その時は私がぁ責任を持ってぇ、うちの秘密の地下迷宮で飼ってあげますのでぇ安心してくださいぃ」
「いやいや、それのどこら辺に安心があるってんだよ!?つーか、秘密の地下迷宮って何だ!?あんたん所、聖玉の力といい環境といい、何もかもが恐過ぎるわっ!」
「失礼しちゃいますぅ。聖玉の力なんてぇ、どこの国のものも似たり寄ったりで“えげつない”ものですぅ。あなただってぇ先日フローラ王女の聖玉のえげつない力の餌食になったばかりではぁありませんかぁ」
 頬をふくらませてむくれるリィサに、俺はハッと“不敬罪”の三文字を思い出す。
「……と、とにかく、クシャミすれば人間には戻れるんだな!?」
「はいぃ。でも、よろしいんですかぁ?あなた、今、全裸のようですけどぉ……。お洋服、どうされたんですかぁ?」
 茶トラ模様の毛皮以外は一糸まとわぬ俺の姿をまじまじ眺め、リィサが指摘してくる。
(そ、そうだったぁー!今人間に戻ったら、確実にマズいことになる!何とか服を調達しないと!)
 アワアワする俺をリィサはしばらくの間、ナニを考えているのかよく分からないボンヤリ顔で見ていたが、ふいに思いもよらない提案をしてきた。
「あのぉ……せっかく猫さんになったのでしたらぁ、その姿を利用してぇ、ちょっと調べ物に協力してもらえませんかぁ?」
「は!?何でだよ!?あんたに手を貸して、俺に何の得があるんだよ!?」
「得があるかはぁ分かりませんけどぉ……あなたの大好きなフローラ王女のためになりますぅ」
「は!?フローラの?あんた、一体何を調べて……」
 言葉の途中で、リィサがひょいと俺を抱え上げた。そのまま俺の猫耳に唇を寄せ、ひそめた声で秘密の話を語りだす。
「実はぁ、先日あなたが捕まえましたぁ元・犯罪組織のボスなんですがぁ、いろいろと不審な点がありましてぇ……。実はあのボスを陰で操ってぇフローラ王女に危害を加えようとした黒幕がぁ、他にいるのではないかとぉ……」
「は!?何だソレ!?あのボス、ただの酔っ払いじゃなかったのか!?」
「フローラ王女の能力に対する恐怖がぁ本能レベルで染みついているこの国の住民がぁ、酒に酔った程度でフローラ王女に闘いを挑むのはぁ、ヘンなのですぅ。それにぃ、あのボスの手足の痙攣とぉ、特徴的な眼球振盪……。前に私はぁ、診たことがあるのですぅ……」
 そこでリィサは躊躇うように一旦言葉を切り、俺の目をじっと覗き込んできた。
「まだ推測の段階ですのでぇ、他言無用に願いますがぁ……あれは、洗脳……いぃえ、心を作り変えられた人間のぉ……症状なのですぅ……。この世界でぇ人間の心を作り変えるような力を持つものはぁ、ただひとつ……八聖玉のうちの一つ、心聖玉のみ、なのですぅ……」

☆☆☆

 原因がどの聖玉なのか分かっているなら、その聖玉の持ち主を当たれば早いと思うのだが、事はそう単純には行かないらしい。
「一国の姫をぉ、何の証拠も無くぅ、犯罪者扱いなんてしようものならぁ、国際問題に発展しかねないのですぅ。ですのでぇ、当面の間はぁ、敵が再びぃ何かを仕掛けて来ないかぁ、様子見ですねぇ……」
「で、再び襲って来たところを現行犯で捕まえたり、言い逃れできないような証拠を攫むってことだな?」
「えっとおぉ…………まあぁ、そういうことぉ、ですかねえぇ……」
 リィサの言葉は何だか妙に歯切れが悪い。……まぁ、テンポが悪いのは元々なんだが。
「先日のボスの狙いはぁ、明らかにぃ、フローラ王女でしたぁ。敵が再びぃフローラ王女を狙って来る可能性はぁ、否定できません……。でもぉ、こちらがソレを警戒してぇ、予め警備を強化したりなどするとぉ、相手もソレに気づいてぇ、襲撃自体をぉ、取り止めかねません。そこでぇ、あなたの出番ですぅ」
「なるほど。この愛くるしいニャンコ姿で油断させといて、いざとなったら例の怪力でフローラを守るってことだな。よっしゃ、把握した!任せとけ!」
「ええぇ。まぁ、そういうことですぅ。フローラ王女はぁ動物好きですしぃ、一国の王女としての財力と権力をぉ持っていますのでぇ、ちょっとくらい珍しい猫さんがいたとしてもぉ、それほど不審には思われないはずなのですぅ。いっそのことぉ、新種の激レア猫さんだから王女に献上されたとでもしておけばぁ、言い訳としてバッチリなのですぅ」
「は……?新種?激レアって、何が?俺、たぶんフツーの茶トラ猫だけど?」
 そもそも人間が変身して猫になっているという時点で全然フツーではないのだが、この時点ではただ『毛の模様的には珍しくも何ともない』という意味で、俺はそう言った。
「あなたの世界ではぁ普通なのかも知れませんけどぉ、こちらの世界では全然普通ではないのですぅ。なぜならぁ、この世界の猫さんはぁ、アレが一般的ですからぁ……」
 そう言ってリィサは俺を抱っこして歩いたまま、庭園の片隅を指差した。そこにはノラ猫か何かと思しき一匹の猫が、のんびり寝そべり毛づくろいをしていたのだが……
「あ……青緑色の金属光沢……!?」
 形状は地球の猫と全く変わらないのに、毛の色だけが明らかにおかしい。まるでクジャクの羽毛の一部のようなメタリックなブルーグリーンだ。
「……重力だけじゃなく猫の毛色まで違うのか。さすがは異世界……」
「ですねぇぇ……。私もビックリですぅ。こぉんな素朴で地味……あ、いえぇ、落ち着いた色合いの猫さんがいるなんてぇ……。こちらの世界の猫さんはぁ、ブルーグリーン系以外にもぉレッド系やゴールド系、シルバー系などいますけどぉ……みぃんな派手でキラキラしててぇ、“動く宝石”と呼ばれていたりぃするのですぅ」
「悪かったな!キラキラしてなくて!地味で!」
「いぃえぇ……これはこれでワビサビ的な味があってぇ良いのですぅ。特にぃ、このピンク色の肉球なんてぇ何だかお菓子みたいでぇ美味しそうなのですぅ。こちらの猫さんは黒い肉球がぁほとんどですからぁ」
 言いながらリィサは許可も無く勝手に人の……あ、いや猫の肉球をぷにぷにしだす。
「あ、ちょっ……コラ!揉むな!ちょっとしたセクハラだぞ、コレ!」
 事前承諾無しの肉球モミモミに猛抗議していると、向こうからぱたぱたと可愛らしい足音が聞こえてきた。
「ニャンコさ〜ん!どこへ行ってしまいましたのー?」
「フローラだ!」
「あなたを探しているようですねぇ。丁度良いのでぇ、このままフローラ王女にぃあなたを預けますぅ。……ちゃあんと猫さんのフリ、しててくださいねぇ」
「おう!任せとけ!」
 猫のフリなんて簡単だ。適当にニャンニャン言ってゴロゴロ寝転がっていればいいんだから……この時の俺はまだそんな風に、猫も演技もナメていた。
 芝居経験もロクに無いド素人が、猫などという人外の役を、しかも劇や映画のワンシーンのような区切られた時間の間だけでなく24時間演じ続けなければならないという困難を、この時の俺はまだ、サッパリ理解できていなかったのだ。


 

 <このページは現在制作中です。>

エピソード3  
 
もくじへ
 
 
 

このページは津籠 睦月によるオリジナル・ネット小説(異世界ファンタジー)
ブラックホール・プリンセス」の本文ページです。
本編は全ページ無料でご覧いただけますが、
著作権は放棄しておりませんので、無断転載等はおやめください。
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・事件とは関係ありません。
また、本文中のキャラクターの心情・感想・思考と作者の意見は必ずしも一致しません。